PR

最近の投稿

PR

ニューズウィーク日本版で幅広い知識とグローバル感覚を身に付ける

人気のビジネス誌 学生から社会人まで幅広い層に人気のビジネス誌、的確に世界情勢を知る情報源として高い評価を受けている雑誌のひとつが、「ニューズウィーク日本版」です。就職に際しての準備として大学生にもオススメですし、社会人の方には日頃の話題作りのネタとして、グローバルな感覚の知識を深めるためには有益な雑誌なんです。

ニューズウィーク 本家のUS版「ニューズウィーク」は、ニュース誌の全米発行数では、「タイム」誌に次ぎ、第2位の部数を記録するメジャー雑誌。全世界で2500万人が購読しているといわれています。「ニューズウィーク日本盤」は、現在では阪神電鉄のグループ会社である阪神コミュニケーションズ(フィガロや宝塚の雑誌も刊行)が発行。

「ニューズウィーク日本盤」は、基本的には日本向けにアレンジした内容に編集されていますが、あまり国内のテレビでは報道されない世界情勢を知ることができる貴重な情報源となっています。鋭い視線で深く掘り下げた記事内容には、知識としては充分な満足感を得ることができます。国際感覚を磨くためには是非目を通しておきたい雑誌と言えます。

打ち粉たっぷりそばで、本格ソバの香りと風味をとことん堪能

北館製麺「打ち粉たっぷりそば」

美味しいソバ ご家庭で美味しいソバを食べたいなら、北館(きただて)製麺の半生ソバがオススメです。美味しいソバ屋さんのソバを家庭で気軽に、それもお手頃な価格で味わえるというのがいいんです。暖かいそばも冷たいそばもどちらも美味しくいただけるんですよ。

きただて製麺 北館製麺は、岩手県・八幡平市にある創業60年の製麺会社。安心・安全な国産のソバにこだわり、自社農場で、それも無農薬でソバを栽培。収穫した玄ソバを厳格な管理のもと低温貯蔵し、ソバを打つ直前にソバ粉に加工。言うなれば、新鮮なソバを消費者に提供するありがたい製麺所なんです。

ミネラル豊富な雑穀米で日頃から健康管理をしたいものです。

雑穀米 日々の健康を維持することは、明るく生活する上では当たり前のことですが、特に食生活のバランスが気になっている方にオススメなのが、雑穀米なんです。普段炊く白米のごはんにビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素をプラスでき、なおかつ毎日続けられる手軽さと美味しさを兼ね備えてた食材だからです。野菜が苦手なお子さんにも栄養のバランスをサポート。健康なカラダを維持するためには日ごろからのさりげない食事ケアが必要なんですよね。

「十穀いわて」の十穀米 「十穀いわて」の十穀米には、岩手県産100%の大自然の恵みをたっぷりと吸収した雑穀が原料となっています。(もちろん放射能検査は万全。)存在感のある黒大豆をメインとして、ひえ、うるちあわ、もちあわ、いなきび、はとむぎ、大麦、黒米、赤米、アマランサスの10種類が美味しく食べられる黄金比とも言うべき割合で配合されています。ちなみにアマランサスとは南米原産のケイトウの仲間で性格には擬似雑穀。白米の2倍のタンパク質を含むというスグレものなんです。

「十穀いわて」の十穀米の特徴は、やっぱり黒大豆が入っているところ。黒大豆以外の素材は他のメーカーで扱う雑穀米でもそんなに代わり映えしない素材なのですが、十穀の中に小豆ではなく黒大豆を、それも砕かずに使っているのは「十穀いわて」の個性的なところです。