最近の投稿

PR

ココマイスターの「マットーネ オーバーザウォレット」を手にしてみた。

ココマイスターの展示ブースに顔を出してきました。

本格的なサイフやバッグなどの革製品で有名なブランド、

それがココマイスターです。

(下の写真はブースのポスターを撮ったものです。)

今回取り上げるのは、「マットーネ オーバー・ザ・ウォレット」です。

 

以前は「マットーネ ラージウォレット」など、

ココマイの中でも人気の高い他の商品に目を奪われていたためか、

その存在を完全にスルーしていました。

公式サイトでは、レディースのカテゴリーに分類されていたためかもしれません。

もちろん、男女兼用で使えるデザインの長財布です。

 

ところが、今再び、「マットーネ オーバー・ザ・ウォレット」を実際に手に取ってみると、

その計算しつくした緻密な作り、職人さんのこだわりがひしひしと伝わってくるのがわかり、

感動と共に少なからずの衝撃すらが走りました。

この格子状に編み込まれた美しい構造、

隙間なく規律正しく並んだ正方形が交互に光を受け、メリハリのある表情にしています。

何とも言われぬ優美さを表現しているかのようです。

 

まさに美しい!と言える芸術品!

それが「マットーネ オーバー・ザ・ウォレット」。

正直言って、長財布は小銭の出し入れがしにくいですよね。

その点は仕方がありません。

 

しかし、カード類の収納はバッチリです。

数種類のカードがすっきり仕分けできて、

さらに衝撃から守ってくれるというしっかりとした作り。

 

カードが折れたり曲がったりといった、

破損の原因が最大限に排除された頑丈な構造となっています。

この作りだとそんな心配は無用です。

 

開口部分の角度も充分に大きいので、

カード類やお札の取り出しやすさも満足のいくもので、かなり使いやすいです。

色はブラック(オールドブラック)の他にブラウン(ブランデー)とダークブラウン(ビターチョコ)があります。

下は、ブラウン。

単にブラウンと言わずにブランデーというネーミングにしたところにも

ブランドのセンスの良さを感じさせられますよね。

下は、ブースのポスターを写したもの。

パッと見た目には、元々が同じ財布とは思えない気がします。

でも間違いなく同じ財布。

 

経年により、年季の入った色あいと、

微妙に深みのある凹凸感が出てくるのが想像できますよね。

やわらかい質感も増してくることかと思います。

毎日手にするものだからこそ、その変化も楽しみなところですよね。

渋い風合いがどうにもたまらない革製品と言えます。

内側はベージュカラーのヌメ革を使用。

使ううちに飴色に変色して、これもまた愛着が湧いてくるというもの。

2種類の皮革を丁寧に編み上げて作られた長財布。

ありがたいですよね。

もちろんファスナーも信頼の日本製(YKK)なので、

簡単に壊れるなんていう心配はありません。

結構 手にしたくなってくる、本格的な大人のサイフですよね。

 

 

 

 

人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキングNo.1
人気ブログランキング

< P R >
UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

FOREVER 21 Japan

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA