PR

最近の投稿

PR

本気で英語をマスターしたい方にオススメな「リスニングパワー」

よくあるタイプの英語教材
どこかで聞いたことのあるようなフレーズですが、「30日間聞き流すだけで英語耳になれる」という英語教材。それが英語マスターズクラブの英語バイリンガル育成プログラム;「リスニングパワー」なんです。

「リスニングパワー」は、楽天市場の語学学習教材の販売ランキングが1位を獲得した知る人ぞ知る人気の教材。そのヒミツは何といっても丁寧でわかりやすいシンプルな内容と、他と比べて比較的手頃なお値段にあります。

英会話を本気でマスターしたいと思う方は一考もアリかもしれません。

リスニングパワー
「リスニングパワー」は、22年間に渡り日本人の発音矯正を指導しているというアメリカ人言語学者、スコット・ペリー氏による英会話教材。現在までに数多くの方がネイティブのような発音を習得して、生きた英会話を楽しんでいらっしゃるということです。

たとえば、女優の柴崎コウさんも利用者の一人で、ご存知の通りハリウッド映画「47Ronin」出演前に短期間で本物の発音を手に入れられたということらしいです。有名人なので恐らくは個別指導があったんだろうとは推測できますが、それを抜きにしても忙しい人が短い間に話せるようになるというのは間違いなく、「リスニングパワー」の効果は確かなもののようです。

そこで、「リスニングパワー」の内容ですが、本当に簡単な内容を繰り返しわかりやすく聞くだけのもののようです。聞くだけとはいっても、もちろん、学習意欲のある人が対象なわけですから、ただ聞くにとどまらず前向きに聞くことが前提ではあることは言うまでもありませんが。難しすぎて学習意欲をそがれるという心配のないくらい、簡単な内容となっているんです。

繰り返しが効果的
たとえば、RとLの発音の違い。RとLを含んだ単語を何度も繰り返し聞き比べることによって、いつの間にか自然と受け入れられるようになり、実際発音できるようになるんです。

他にもカタカナにするとまぎらわしい良く似た言葉も、比較しながら聞き分けられるようになっているので、納得しながらスムーズに知識が頭に入っていきます。難しい英単語を使わずに基礎的な言葉を優先的に学ぶことで、苦手意識が薄れてきます。よく考えられた手法だと思います。

まずは、簡単な日常会話を聞き分けられることを目的とした戦略的学風方法。赤ちゃんが言葉をしゃべり始めるときの頃を思い起こせば、そんな簡単な言葉の繰り返しが効果的であることは理解できるというものです。

学校教育の欠点である難しい文法から学ぶというやり方とは、ある意味 逆をいくような方法。こういうカンタンな方法だったら、子供からご年配の方までOKだし、無理せずに続けられるというのが、成功につながる秘訣なんでしょうね。

周波数の違いも考慮
「リスニングパワー」は英語と日本語の周波数の違いも考慮した上で、効果的に英語が聞き取れるように考えられた教材。大人になると聞き分けられにくくなっていた英語特有の周波数帯の音声も、繰り返し聞くことではっきりと区別ができるようになると言います。

「リスニングパワー」では、特に聞き取りにくい発音を重点的にリピートすることで、それまで区別ができなかった脆弱で曖昧な音声も耳に入ってくるというのは確かに納得できることです。

実践者も多数
実際、「リスニングパワー」を実践された方々がサイトのほうで多くの口コミをされています。ハリウッド映画や海外ドラマが字幕なしでスウ~ッと頭に入り、意味が自然と理解できたですとか、TOEICのリスニングが簡単に感じたとか、海外ニュースが聞き取れるようになった、海外での会話に不自由しなくなった、外国人との会話が通じるようになったなど、効果を実感できたという体験談が数多く寄せられています。

実践者のそういう声って信頼感につながりますよね。「リスニングパワー」をきっかけにその後 英語が上達したという方は、たぶん他にも勉強されてそれなりに努力はされているのでしょう。しかし、さらに上達するためのファーストステップとして、「リスニングパワー」は間違いなく効果があるというのは何だかよくわかります。

1ヶ月間、聞き続けるだけのかんたん学習
DVDの内容をiPodなどに入れて通勤・通学時や寝る前などに聞いてみるだけなら本当に簡単に続けられそうです。あとは、お値段との相談のみ。他の英語教材とは違って結構お手軽な価格設定となっているのも嬉しいところです。間口を広げた販売手法が広く支持される理由かもしれませんよね。

このあたりで、一発逆転的な勢いでイングリッシュ・マスターとか、ネイティブ・スピーカーに変身したい方は、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

気になる方はサイトのほうを覗いてみられたらいいですよ。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA