最近の投稿

PR

強力スチームクリーナー「シャーク スチームモップ」で床を除菌消臭!

シャーク スチームモップ 今なら特別セット価格9,800円

シャーク スチームモップ
スチームのチカラで汚れを拭き取るパワフルなスチームクリーナーといえば、「シャーク スチームモップ」。アメリカ・ユーロプロ社(Euro-Pro Corp/)の1ブランドでるシャークの商品です。強力なスチームで汚れを浮かして拭き取るという斬新なクリーナーを開発したシャークの製品は、全世界で販売され、その愛用者も数多く人気の高い商品。シャークでは、いくつかのタイプのスチームクリーナーを販売していますが、その中でも特に人気が高いのが、床掃除に革命を起こしたとも言えそうな「シャーク スチームモップ」です。

玄関にも

スチームクリーニング技術の先駆的ブランド
ちなみにユーロプロ社は元々はミシンの製造メーカーなのですが、現在ではシャーク・ブランドの掃除機やクリーナー、スチームアイロン、または、ニンジャ・ブランドのジュサー・ミキサーで有名な家電メーカーなんです。特にシャークは、ユニークで革新的なハウスケアを提供し、今ではスチームクリーニング技術の先駆的ブランドとして広く世に知られています。2004年に発売したシャークシリーズの小型掃除機に続き、2007年に発売されたのが、「シャーク スチームモップ」。洗剤を使わずに蒸気のチカラだけで汚れを落とすという画期的な商品だったワケです。

和室にも

家中の床をピカピカに
そんな「シャーク スチームモップ」、本来はフローリングの床掃除用に開発されたクリーナーなのですが、意外なことに畳のクリーニングにも向いているという驚きの使い道。ラグや絨毯の掃除にも使えますので、汚れたラグや絨毯をクリーニングに出さなくてもよくなってしまうというのが嬉しいところです。もちろん玄関の床やお風呂のタイル敷きのように溝がある場所にも使えるというスグレもの。高温100度の蒸気で床を洗い流すように掃除できますので、汚れが取れると同時に除菌作用もあるワケです。そんなふうに家中の床をきれいにできるのでかなり便利です。普段の掃除機と使い分けることによって常にクリーンなお部屋が維持できて、衛生的ともいえます。

トイレにも

高温ドライスチームの威力
「シャーク スチームモップ」のしくみは、かんたん。まず、100℃の高温ドライスチームを床に噴出させることで、汚れを溶かして浮かします。浮いた汚れを専用マイクロファイバーパットがしっかりキャッチし吸収。そうやって汚れを瞬時に取り除くことに成功したクリーナーなんです。スチームなので、拭いたあとはベタつかずにサラサラをキープ。強固な汚れには数回行き来させれば見事に落ちるんです。子供が床にはみ出して書いたクレヨンなどの落書きや、干からびた糊の塊も難なくクリーンになります。かんたんにキレイになるっていうのはスゴイですよね。

階段にも

そこで、「シャーク スチームモップ」の良い点と不都合な点を挙げてみます。

良い点
・ かんたんに床にモップがけ・雑巾がけができ、床がピカピカになる。

・ ちょっとした頑固な汚れがウソのように取れる。

・ 床に染み付いた嫌な臭いも取れるので、消臭効果がある。

・ 高温殺菌で除菌効果があるので、衛生的。

・ 床のハウスダストや花粉もすっきり除去。

・ 洗剤を使わなくてもよいので、環境にやさしい。

・ 本体の重量が1.4kgと軽量で持ち運びもラク。

不都合な点
・ コードが巻き取り式ではないので、収納が面倒。

・ その都度、水を補充しなくてはいけない。

・ 雨の日など湿気の多いときは、絨毯などの渇きが遅くなる。

・ キッチン周りなどの頑固すぎる油汚れには太刀打ちできない。

お風呂にも

以上のような感じでしょうか。たしかに不都合なところもありますが、逆をいえば100%完璧なものなどありませんから、仕方のないことです。ただ、愛用者のほとんどの方が購入してよかったとクチコミするくらいの商品ですので、その実力たるや相当のものに違いありません。「今までの掃除が何だったんだろうと思うくらい床が一皮むけたような感覚になる」というクチコミもありましたが、その汚れ落ちの凄まじさに感動を覚えるといったクリーナーらしいですよ。お掃除好きの方だったらおそらく楽しくてしょうがない清掃用具なのではないでしょうか。

子供部屋にも

年末の大掃除シーズン前になると注文が殺到するらしい「シャーク スチームモップ」。納期が押さない時期のうち、早めに検討してみるのもいいかもしれません。


シャーク スチームモップ 商品紹介映像

気になる方はサイトのほうを覗いてみられたらいいですよ。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA