最近の投稿

PR

人気の高級感漂う長財布が「マットーネ・ラージウォレット」



本格革製品を提供するショップ
日本最上級の皮革製品専門サイト、「ココマイスター」。ヨーロッパから厳選製造された希少レザーを直輸入し、日本の熟練職人が丁寧に縫製する本格革製品を提供するショップなんです。レザー小物のなかでも特に人気なのが、長財布。使えば使うほどに独特の風情が染み出てくるレザー製の長財布は、ある意味オトコの贅沢品。品格のある本格的な財布は、自身のステイタスをも高める効果があるくらいの貴重な存在。良いものを常日頃から身に付けることによって、内面をも磨かれる気がしてくるのは不思議なことですが、そう言われると確かに納得してしまうものですよね。決して高価すぎるものではありませんが、本物を感じさせる重厚な作りの長財布は、それを持つだけでも充分に満足のいく製品と言えそうです。気分を高めてくれる日常アイテム、どうせだったら身に付けていたいものです。

マットーネ・ラージウォレット
今回はそんな「ココマイスター」の定番人気商品でもある、「マットーネ・ラージウォレット」をピックアップしてみます。

マットーネレザー
イタリアのトスカーナ地方で8世紀ごろから代々受け継がれた長い歴史を誇る「パケッタ製法」。元の丈夫な牛革に牛脂をたっぷり染み込ませ、自然乾燥を繰り返すことで、しっとりさと頑強さを高めるもの。さらには上質なツヤの出るように、カゼイン加工という卵白を原料とした溶液で丁寧になめすことで、時間をかけて1枚の皮革を製造する手法を取っています。その膨大な手間隙のかかる工程で生み出されたなめらかな高級皮革「マットーネ」を使用し、カジュアルな表情の中にも気品と高級感を感じさせる長財布が「マットーネ・ラージウォレット」。普段使いのカジュアルシーンでのみならず、洗練されたビジネスシーンにおいても見劣りしない、緊迫感にも堪えうるずっしりとした存在感。さらには、経年劣化が起きやすい皮革であるにも係わらず、逆にその時が深みのあるワイルドな味を生み出し、持ち主にとっては手放せなくなるような唯一無二の表情に変化する素材。それが、マットーネレザーなんです。

内側には高級ヌメ革
外側にはそんなマットーネレザーを使用し、内側には日本産の高級ヌメ革を使っています。ヌメ革とは、牛革をタンニンでなめしただけで、染色を一切行わないレザーで、本来の色がナチュラルな風合いを醸し出す皮革素材。信頼度の高い日本製の高級ヌメ革ということで、その薄さにも係わらず、非常に丈夫でなめらかに仕上げられたレザーです。ただ、ヌメ革は使ううちにさらにソフトな質感に変化し、指の脂や汚れなどを吸着し、独特の風合いが生まれるのも楽しみな素材なんです。頑丈なマットーネレザーとしなやかなヌメ革のコンビネーションは、極めて相性の良い組み合わせで、外側の耐久性と内側の使い勝手を充分に考慮した、バランスの良い作りを採用したものとなっています。

さらには、しっかりとした縫製により、手作りの極みとも言える頑丈な財布に仕上がっています。落ち着いたカラーリングも素晴らしいですし、無駄な部分をそぎ落としたシンプルなデザインも大人っぽい雰囲気を演出するにはうってつけの財布となっています。

高い機能性
内側には、カードホルダー4ヶ所と、お札入れ2ヶ所、フリーポケット2ヶ所に、ジッパー付きの小銭入れ1ヶ所が配置された機能的なもの。財布を両側に開いたときのマチが約12センチもありますので、中身を把握しやすく、出し入れもしやすい構造となっています。ただし、小銭が多く収納できてしまうので、若干小銭を取り出すのには難儀することがあるかもしれません。それでも一般の財布よりは小銭ポケットの使い勝手は良いほうだと思います。ジッパーはもちろん壊れにくいしっかりとした日本製のパーツを使用。外側ジッパ-の取っ手には、チャーム飾りの同質レザーを活用。高級な中にも飾りっ気のあるチャーミングなところが意外ですが、そんな細かい箇所にもこだわったシャレたデザインになっています。

こんな「マットーネ・ラージウォレット」。総括すると高級感が漂う財布には違いなく、持つことで気分がアガる極上のアイテムと言えるのではないでしょうか。人生の運も上がりそうなファッション性の高さで、周りの人にも自慢したくなるような逸品。金運まで上昇すれば言うことはありませんけどね。

気になる方はサイトのほうを覗いてみられたらいいですよ。


過去記事; 本格レザーの長財布、ココマイスターの「ブライドル・グランドウォレット」

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA