PR

最近の投稿

デパ地下のひんやりスイーツをお取り寄せする贅沢

人気スイーツ店は巷に数多くありますが、デパ地下の人気スイーツコーナーも、つい引き込まれてしまう美味しそうな商品が、所狭しと並んでいる魅力的なスポットです。そんな人気スイーツをお手軽にお取りよせできるのが、デパートのオンラインショッピング・サイト。家庭にいながら美味しいスイーツを堪能できるなんて贅沢の極みですよね。通販サイトが人気なのも当然です。

大丸松坂屋のサイトでも人気のデパ地下人気スイーツが目白押しなんです。デパ地下ならではの全国各地の人気スイーツイから話題の海外スイーツまで幅広く揃った魅力のラインナップ。見るだけでも楽しいサイトになっています。

というわけで、大丸松坂屋オンラインショッピングのデパ地下人気スイーツの中でも、夏にオススメのひんやりスイーツをいくつかピックアップしてみます。

<モンロワール> 生チョコアイスクリームギフトBOX 8個入り

軟水のミネラルウォーターを健康と美容にも役立てる

ミネラルウォーターなんてどこのメーカーも同じようなものと思っていたのですが、軟水の「フィジーウォーター」を飲んでからというもの、水にもいろいろのタイプがあるのかもしれないと漠然と思うようになりました。「フィジーウォーター」は、常温でもおいしく飲める水だったので、どういったものなのか興味が湧いたという次第なんです。

そもそもミネラルウォーターには硬水と軟水の2種類があり、ざっくり言えば、カルシウムとマグネシウムという2種類のイオン性ミネラル分を多く含むのが硬水、あまり含まないのが軟水と区別しています。ミネラルウォーターにはそのほか、ナトリウム、カリウム、鉄、マンガンといったミネラル成分を含むものもあります。

欧米のミネラルウォーターは硬水が多く、日本産のミネラルウォーターは軟水が多いとされています。エビアンやヴィッテルなどは硬水、南アルプスの天然水や六甲のおいしい水などは当然、軟水なわけです。ただ、ボルヴィックやクリスタルガイザーは軟水らしいですが。

ミネラルが多い硬水のほうがカラダに良いようにも思えるのですが、軟水に慣れ親しんでいる日本人のカラダや食生活にはクセのない軟水の方がしっくりくるようなんです。軟水の特徴としては、カラダへの浸透・吸収が早く、臓器や血管などへの負担をかけずに新陳代謝を促進させるというもの。すなわち、老廃物の排出が硬水よりもスムーズに行えるというメリットがあるようなんです。

お茶を淹れるにしても成分が溶け込みにくい硬水は不向きということなんです。ただ、硬水も沸騰させると軟水に変化するというので、煮出すにはどちらを使ってもあまり関係はないようですが、一般的には、お肉を煮込んだりパスタを茹でるには硬水、和食には軟水が合うとされています。スーッと水分がカラダに浸み込むのが軟水で、ミネラル補給&ガツンとした飲み応えのあるのが硬水というイメージです。

絶妙なフレーバーの組み合わせと素材にこだわりぬいた極上アイスクリーム

これほど蒸し暑い日が続くと楽しみと言えば、キンキンに冷えた飲み物や、ひんやりさっぱりデザートっていうことになりますよね。おなかを壊さない程度にと気を遣いつつも、ひんやりとした飲食物はこの時期、かなりマストな必需品です。冷え冷えのアイスクリームなんて、暑いときにはもちろんたまりません。美味しいアイスクリームなら、ついハマってしまいそうです。

京都のアイスクリームショップ、「ハンデルスベーゲン」の甘くてクリーミーなアイスがとっても美味しそうなんです。しっかりとしたミルクの味をベースに、フレーバーの素材を最大限に生かした濃厚なアイスクリーム(ジェラート)。定番のバニラ、チョコ、ストロベリーは言うに及ばず、季節のフルーツやフレーバーを組み合わせたオリジナルのアイスクリームと、さっぱりとしたフルーツソルベ(シャーベット)が目白押しなんです。北海道産のミルクや生クリームと国内の提携農場産直のフルーツやハーブ、ベルギー産のチョコレート、フランス産のピューレを用いた安心安全な品質管理の下に製造。ショーケースに並ぶアイスクリームは彩りもカラフルでキュート。見た目にもポップで美味しそうなアイスクリームがかわいく並ぶお店なんです。テーブル席では、さらにこだわりの紅茶やコーヒーで、ワッフルやパンケーキなどのデザートも楽しめるオシャレな、そんなお店が「ハンデルスベーゲン」。

そんな「ハンデルスベーゲン」での人気商品ベスト3は、コチラの商品になります。

ナンバー1 ピスタチオ