PR

最近の投稿

PR

富山市ガラス美術館に行ってきた。

先々週のことになりますが、富山県に行った際、

富山市にある「富山市ガラス美術館」に立ち寄ってみました。

 

実は、北陸新幹線の車内にあった観光パンフレットに

「富山市ガラス美術館」のことが書いてあり、

衝動的に行ってみたいと思って出向いたというワケです。

 

ただ、パンフレットにはそんなに美術館の中のことが詳しく書いてはなかったので、

実際に行ってみて、その素晴らしさに改めて感激をしました。

 

「富山市ガラス美術館」は、

富山駅から富山城方向に向かい、総曲輪通りを越えた商店街の裏辺りにあります。

 

ここは、ひとつのビルに美術館と図書館が併設された共同の施設となっています。

 

ビルの外壁は石・ガラス・アルミを立体的に配置した斬新なデザインで、

直感的にここがガラス美術館だとわかるような外見をしています。

吹き抜けの空間の周りにはガラスが多用されたきらびやかな構造。

ハッと息を飲んでしまうくらいの壮大さです。

1Fフロアで入場券を購入して、エスカレーターで上の階に上がります。

今回まず観たのは、「家住 利男 削りの形」という展示。

板ガラスを重ね、接着し、削る、磨くという工程を経た

さまざまなカタチのガラス工芸品が展示されていました。

グラス・アート・パサージュには

富山ゆかりのガラス作家による作品の展示。

最上階6Fには、グラス・アート・ガーデン。

大型のガラス工芸オブジェの数々が飾られていて、

それはそれは見ごたえ充分でした。

天井からぶら下げられているのは、巨大なシャンデリア?

材木の間から沸き立っているようなガラスの針。

ガラス張りの天井には、まるでクラゲか、

はたまたキノコや花のようにも見えるカラフルなガラス工芸。

ボートから溢れているのは、ガラスの大玉。

一番の見どころは、コチラの「トヤマ・ミルフィオリ」。

人の背丈を優に越える巨大なオブジェ群です。

色とりどりのガラスがライトアップされていて、

これは相当凄いです!

 

現代ガラス美術の巨匠ディル・チフーリ氏による

空間芸術(インスタレーション)ということ。

黒い台座に反射するのも計算されたアート作品ということで、

作品の周りを一周してどの角度からも見ることができます。

こんな見ごたえのあるガラスアート。

じっくり見て回るのもなかなか良いものいです。

 

公式サイト → 富山市ガラス美術館

 

 


追記;

美術館の帰りにはすぐ近くの「富山城址公園」に立ち寄りました。

公園内には、小ぶりとはいえ、立派な天守閣が聳え立ちます。

下は隣接する佐藤記念美術館。

市内には、路面電車が行き交っています。

帰りの新幹線の中では名物弁当「ますの寿司」をいただきました。

今回も観光を充分堪能したことは言うまでもありません。

 


人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ王ランキング

とうげやまブログ

< PR >

DHCオンラインショップ

 



 


CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ!

国会議事堂を見学してきた。

先日、国会議事堂へ行って、参議院を見学してきました。

 

なぜ参議院だったかというと、

単に永田町の駅から近いほうが参議院だったため、

そちらで受付をしてしまったからです。

 

でも結局は参議院のほうが見学者が少なく、

それゆえ、ゆっくり見学することができて、

どちらかといえば良かったと思います。

参議院参観ロビーに案内されたあと、

時間までこちらで待機します。

国会議事堂の中ではお手洗いを使用できないということで、

このロビーで済ませておいてくださいと伝えられます。

ロビーにはいくつかの展示物が配置されています。

参議院の活動紹介、体験・情報コーナー、議事堂のあゆみ紹介などです。

コチラの椅子は議席のレプリカ。

実際に座って議員さんの気分に浸ることができます。

ギャベルのレプリカ。

議長が「静粛に!」と言って叩く木槌です。

御椅子は天皇陛下がお座りになるもの。

コチラはショーケースの中に展示されているので、

座ることはできません。

国会議事堂の模型。

国会議事堂の中では撮影が禁止なのですが、

このロビーでは撮影が可能。

 

壁に掛けてある写真は、

議事堂の中がよくわかので撮ってみました。

上の写真はよくテレビでも見かける議場。

奥のほうの間には御椅子も見えます。

御休所。

天皇陛下がお待ちになる広間です。

調度品にも重厚さが漂いますよね。

中央広間。

国会議事堂の真ん中、一番高い屋根の部分の内部になります。

 

4隅の台座のうち3箇所には銅像が立っていて、

それぞれ伊藤博文、大隈重信、板垣退助。

 

一箇所だけ空席なのは、

4人目を誰にするか決められなかったためだとか、

「政治に完成はない。未完の象徴」という意味であるとか、

将来偉大な政治家が現れたときのために取ってあるという説もあるそうですよ。

 

ちなみに4隅上部の壁には春夏秋冬の風景画も描かれています。

ロビーに設置されたバーチャル検索のモニターをタッチすると

各部屋の画像が見られます。

参観順路が書かれたパンフレット。

このあと、警察官の方なのでしょうか、専属のガイドさんに先導されて

国会議事堂の中へと進みます。

 

参議院議場では、3階席に実際に座って

上から議席を見下ろします。

うんちくをクイズっぽく問いかけられながら、

ガイドさんの説明に耳を傾けることになります。

 

解説には、面積や工事費、年数、使用した大理石の量など

さまざまな数字がポンポン登場するので、

本当に記憶力が凄い!と驚かされました。

 

結局この見学では、

議事堂の参議院側3階のフロアを1周することになりますが、

その後、階下に降りて、中庭を通って外に出ます。

内部を見学した後は、屋外に出て、

庭園風遊歩道を通り抜けます。

遊歩道には両側に日本各県の県木が植えられています。

議会開設80周年を記念して各都道府県から贈られた木々だそうです。

 

遊歩道を抜けると国会議事堂の正面に。

この場所で写真撮影の時間が設けられています。

各々が議事堂をバックに写したりするわけです。

 

撮影が終わるとすぐ門のところなので、門を抜けて解散になります。

これで約1時間の見学が終了しました。

 

なかなか普段経験することができないことなので、

有意義な時間を過ごすことができましたよ。

 

 

この日も小学生らしき団体の皆さんが見学されていましたが、

自分にとっては、大人になってからの社会見学で、

存分に楽しむことができました。

 

予約も不要でさらに無料で見学できますので、

気軽に立ち寄られるのも良いかもしれません。

 

 

公式サイト → 参議院 見学・傍聴

 


人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ王ランキング

とうげやまブログ

< PR >

DHCオンラインショップ



 


CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ!

紀尾井町の日本庭園を見てきた。

紀尾井町にあるホテルニューオータニ。

その敷地内にある立派な作りの日本庭園を今回は見てきました。

 

庭園の中には、レストランが5軒あるのですが、

そのレストランを利用しない場合でも

その庭園自体には誰でも自由に入ることができます。

入り口には巨大な石が鎮座しています。

入り口付近から庭園を見渡したところ。

結構広い敷地内に池や滝もあり、

段差にも富んだ庭園になっています。

赤い橋は2箇所に架かっていますが、

こちらの大きな橋の下にはキレイな錦鯉が群れをなして泳いでいるんです。

なかなか見ごたえのある風景ですよ。

滝は近くで見るとそれなりの迫力があります。

人工の滝だとわかってはいても、素晴らしいです。

このような風情のある日本庭園が無料で見られるなんて最高ですよね。

なかなかの穴場スポットだと思います。

 


 

追記;

ホテルニューオータニのメインロビー階ラウンジもとても良い雰囲気です。

お店もいろいろあるので、立ち寄ってみるのもおススメです。

のんびりとしたひとときを過ごしたことは言うまでもありません。

今回も休日を充分に堪能致しました。

 

 


 

人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ王ランキング

とうげやまブログ

< PR >

DHCオンラインショップ



 


CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ!