最近の投稿

PR

安定した乗り心地が素晴らしい折りたたみ式マウンテンバイク

ドレッドノート DN7001
以前にも取り上げた自転車販売店マルスマートの折りたたみ式自転車がやっぱり気になるので、今回も書いてみることにしました。その折りたたみ式自転車とは、ドレッドノートというブランドのDN7001。ちなみにドレッドノート(Dreadnought ) とは、勇敢・怖いものなしという意味で、「超ド級」という言葉の由来にもなった、かつての英国軍艦の名前として有名。そんな強靭なイメージのネーミングから名付けたのであろうと思われるブランド名なんです。

折りたたみ式マウンテンバイク
DN7001は、そのドレッドノートのラインナップの中でも最も戦略的でかつ人気の高い自転車。精悍なイメージのマウンテンバイクです。その第一の特徴が折りたたみ式ということ。ただし、折りたたみ式と言っても決してヤワな自転車ではありません。一般的に軽量化を目的とした自転車だとフレームにアルミを使うところですが、頑丈さがウリのマウンテンバイク仕様ということで、あえて重くても頑強なスチールを使用しています。スチール製のフレームを用いることで、粘り強い耐久性を実現したというワケです。

スチール製ゆえ、折りたたみ式自転車にも係わらず、重量が18kgもあります。18kgといえば、大きな米袋2つ分弱あるということ。そう考えればわかりやすいですよね。この重さだと女性だったら少し持ち歩くだけでもかなりたいへんな重さです。しかし、その重量ゆえの、高速走行時のブレのない安定感には、脱帽するばかりです。走行時のパワーを優先するならば、多少の重さは逆に嬉しいくらいのものです。

街乗り・坂道もスイスイ走行
6×3の18段変則なので、当然ながら、直線走行時のスピードはかなり出ますし、その安定性は確かなものです。ちなみに変則シフトは、変則機のスタンダード的メーカーであるシマノ社製のパーツを使用。タイヤの大きさは、折りたたみ式自転車としては大きめの26インチ。このタイヤサイズ、センチにすると約66㎝。普通のママチャリと同じタイヤのサイズです。小さいタイヤではありませんので、一般走行での走り心地の良さはピカイチとも言えます。これなら坂道でも悠々とラクラクに走行ができますよ。

カッコいい外見
そして前輪(フロンントフォーク)のサスペンションはZOOM社製。ZOOMは、自転車の汎用サスペンションでも有名な台湾のパーツメーカーですが、その品質は日常乗り回す自転車の品質としては上々のものです。もちろんレースに出場するといった特殊な要求には満足のいくものではありませんが、普通の生活で使う自転車としては充分以上に耐え得る高品質なサスペンションと言えます。そして、リアサスペンションは、ショック圧の強弱を調整可能なリアショックアブソーバー。そのリアサスペンションの見るからにカッコいい外見は、マウンテンバイクならではのルックス。自転車に掛かる余分な重力を効果的に逃すために、後輪(リアフォーク)とフレームの角度や力点を計算しつくした専門パーツです。こういうところにも高い技術が生かされているというワケなんです。

サドルの高さは、81~92センチ高に調整可能。これだけの高さがあれば、折りたたみ式自転車にありがちな低すぎてこぎ難いといったことがありません。身長のある方でも大丈夫そうです。(もしサドルが低いというときは、専門店でサドルだけ交換するという選択肢もないワケではありません。)スペックでは適正身長160㎝以上。ただし、適正体重は85kg以下となっています。

折りたたんだときのサイズは、95×86×60センチ。折りたたみの割にはかなり大きめです。ちょっとした大物家電くらいのサイズというか、旅行トランク以上のボリュームとも言えます。前述したように重量もそこそこありますので、電車での持ち運びにはあまり向いているとは言えません。電車に持ち込むには、別途カバーも必要になりますし、階段を持ち運ぶのは重労働です。車で持ち運ぶなら断然OKだと思います。

カラーは、定番人気のブラック、アクティブな印象のイエロー、クールな雰囲気のホワイト、個性的なグリーンと4色から選べます。

本格的なマウンテンバイクを折りたたみにしたDN7001。マルスマートならお買い得な値段で手に入ります。このお値段はかなり魅力です。
さらにSG認定とJIS規格により、高い安全性と耐久試験をクリアした安心の製品ですので、オススメできる自転車なんです。
オプションにあるライトや鍵、カゴは普通っぽいモノらしいので、ご興味のある方は、とりあえずは評判の良い車体だけを検討してみられてはいかがでしょうか。
 

気になる方はサイトのほうを覗いてみられたらいいですよ。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA