PR

最近の投稿

PR

スマホを利用した戦略と非ITのサービス、「売れる仕組み 集客の秘密」を伝授

売れる仕組み 集客の秘密 週刊ダイヤモンド2/16号の特集は、「売れる仕組み 集客の秘密」。モノが売れるようにするためには、「よいもの」だけではダメ。「よい仕組み」を作って売る!ということらしいです。当然ながら、販売者側が日頃考えていることでしょうが、改めて最近の成功例や健闘ぶりを知ると、可能性が見えるようで、今週の週刊ヂヤモンドも面白く読める内容となっているみたいです。

週刊ダイヤモンド2/16号のでは、顧客の行動や趣向を知り尽くすことで、商品を見てもらう、目立たせるというノウハウをいろいろ紹介しているようです。ネットやITと実店舗との連携・融合の上手くいっている参考例をいくつか挙げ、こうすれば事業展開が期待できるという提案をしているワケです。冒頭のページでは、スマホの位置情報機能を使ったスタンプラリーゲームのことを取り上げ、実店舗に足を運んでもらうこと、しいては売り上げアップに成功した例をレポートしています。他にも事業所や商店街の活性化に役立ちそうな最新の情報が満載のようです。

購入パターンの変化に対応

エコノミストも予測する中長期の円安トレンドを見逃さないためには必読でしょう!

特集「円安に乗る!株・投信・外貨投資 / 日銀陥落」 週刊ダイヤモンド 2013年2月2日号の巻頭特集は、「円安に乗る!株・投信・外貨投資 円相場は歴史的な大転換を迎えている」。

次に倒れるのはどこ?回避できないのか、円安・株高でも高まる倒産リスク

倒産危険度ランキング 週刊ダイヤモンド1月26日号は、特集「倒産危険度ランキング」。政権交代に期待を込めてか、円安・株高傾向となり、大方の人にとっては良い方向に向かっているかのように思える今、なぜ倒産を話題にするのかという疑問はあります。ですが、実は相変わらず倒産危機が払拭できずにいて、まさに倒産の連鎖が始まろうとしているというのが、週刊ダイヤモンドの見立てらしいのです。

雑誌としては、危機感を煽ったほうが面白いということはもちろんながらあるという気はしますが、たしかに最近、一部の電機・不動産・通信など迷走する企業の話題が世間を賑わせているという感はいなめません。エネルギーや資源の面では好調な勢いを感じつつも、代替エネルギーに関してはバブルっぽさがあるというのも、さもありなんな気配がありそうです。誰しもが影響を受ける景気にもかかわることですので、週刊ダイヤモンドの特集を見過ごすことはできそうにもありません。

中吊り広告から記事項目をピックアップしてみます。