PR

最近の投稿

PR

総合通販サイト「Qoo10」のマイクロファイバー製バスタオル

総合通販サイト「Qoo10」
幅広い商品を激安特価で提供する総合通販サイトが「Qoo10」。ファッション、ビューティ・コスメ、デジタル・モバイル、ホーム・ベビー用品、食品、本・音楽、レジャーの様々なアイテムが揃ったサイトなんです。業界最安値の商品提供を目指しているというだけあって、品質の割にはたいへんお買い得な商品が目白押し。

「Qoo10」は、世界最大級のネットショッピングモールであるイーベイのグループ会社であることからも、何となく納得できる安さと品揃えを実現した総合ECサイトというワケなんです。安心して注文できるように送料無料または安めの送料設定のアイテムが多くありますので、その点でも気軽に利用できるように工夫がなされています。適当にアイテムを眺めてみるだけでも欲しくなるような商品がきっと見つかるような気がします。


 

人気のマイクロファイバータオル
たとえば、フェイスタオルやバスタオル。消耗品でもあるタオルは、替えが多くあると助かる日用品。お店で数枚買うとなると意外とお値段も高くなってしまうものです。「Qoo10」では、そんなタオル類も安く購入できるので、人気商品になっているようです。

光触媒+マイクロファイバー超吸水バスタオル

薄くて軽いのに吸水性に優れているという、マイクロファイバー製の超吸水バスタオル。サイズは120センチ×70センチの普通な感じのゆったりサイズ。とにかくびっくりするくらいに生地が薄いのですが、バツグンの吸水力が魅力な商品。一般的なコットンタオルの3倍の吸水力ということですので、その威力は確かなもののようです。

そして、さらにありがたいことに、薄いがゆえに乾きも早いということで、1年中いつでも重宝する機能性バスタオルです。薄くてかさばらないので、無駄な収納スペースを取りません。たたむとコンパクトになるので、このタオルならちょっとした旅行やレジャー、スポーツにも充分役立ちそうです。

質感は人によっても感じ方が変わるかもしれませんが、いずれにせよやわらかくて肌触りも絶妙なタオルです。手のかさつきにひっかかるような違和感を覚えることがありますが、それも繊細な生地であるがゆえのこと。使い慣れるとこの引っ付くような感覚もきっと快感になってきますよ。


 

アースカラーのマイクロファイバー・バスタオル
そして、マイクロファイバーフェイスタオルまたはバスタオルがコチラ。フェイスタオルは通常価格420円が180円での提供。バスタオルは、柄によって390円または490円となっているようです。2枚以上の購入で送料が無料になるということなので、コチラもお買い得です。「マイクロファイバータオル」のほかにも「ふわとろシリーズ」、「スーパーふわとろシリーズ」と種類も選べます。


 

お得なクーポンでさらにお安くGET!
若干ややこしいのですが、お得なクーポンもありますので、さらにお安く購入することが可能。商品によって使えるクーポンが違っていたり、1,000円以上の購入で100円分のクーポン、2,000円以上で200円分のクーポンといった感じですが、それをわざわざ調べながら使用するのも面白そうです。とにかくクーポンを使って、ほんの少しですが、さらにお得に注文ができるというのは嬉しいところです。

会員登録をしたあと、届いたメールからメール認証をすれば、速攻で割引クーポンがゲットできます。最大500円まで割引されるという7%クーポンが発行されますので、メールを確認してから注文するのがベターなようです。

 

気になる方はサイトのほうを覗いてみられたらいいですよ。

 



 

アースカラーのマイクロファイバー・バスタオル

追記;

早々にバスタオル(超吸水マイクロファイバータオル)を注文してみました。

発送は簡易包装(紙袋の中には個別にビニール袋でパック)がなされ、ポストに投函されて届きます。

週末の注文でしたが、注文してから2日後の到着でした。思いのほか早いです。

アースカラーのバスタオルを2枚購入で、

お値段は、1枚390円×2、そして送料は無料です。

色は選べませんが、キッチンタオルが1枚おまけで付いてきました。

生地は、サイトのクチコミでもあるように薄地です。

たたむとコンパクトになりますので、持ち運びも確かにラクそうです。

大きさは、バスタオルとしては普通なサイズだと思います。

表地はストライプ状にうねがあり、裏地はプレーンな感じの表面加工です。

さっそく、風呂上りに使ってみました。

やっぱりマイクロファイバー製なので、乾燥時にタオルに触れると、

手のかさつきにひっかかる感触はあります。

若干の違和感・気持ちの悪さは否めませんので、

そういう感じって人によっては嫌だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、マイクロファイバータオルっていうのは、

そんなような感触だろうと予め思っていたので、自分的には全然大丈夫でした。

それに濡れたモノに接すると、ひっかかるような感触もややなめらかになります。

風呂上り時の濡れたカラダを拭くには、その違和感もそれほど気にならなくなりますよ。

そういうワケで肌にぴたっと引っ付くような感触は、どなたであっても使い慣れてくるとあまり問題なくなると思います。

 

繊細な繊維がピタっと皮膚に吸い付くように水分を吸収しますので、

コットン製のタオルのように摺りながらカラダを拭くのではなく、

転がすようにしたり、押し付けながら水分を拭き取るといった感じでの使用になるかと思います。

使い方はともかく、いずれにせよ吸水力は文句の付けようがないくらいにバツグンです。

素材は、ポリエステル80%、ナイロン20%ですので、

重量もかなり軽いです。

そう、薄くて軽い!

これなら洗濯後の乾き時間が早いというのも納得です。

そして、同じ素材のキッチンタオルもそれなりに使えそうなので、オマケしてもらえてよかったです。

購入した結果としては、大満足。

お手頃価格のバスタオルとしては、良心的でお買い得な商品だと思います。

 



 

光触媒+マイクロファイバー超吸水バスタオル

そして、もう1種類のマイクロファイバー超吸水バスタオルも取り寄せてみました。

一緒に購入したにもかかわらず、コチラの発送はちょっと遅めでしたが、

無事到着しました。

太陽光に当てることによって、光触媒の作用により抗菌効果があるということです。

光触媒とは、素材に含まれる酸化チタンが紫外線と水分を反応させることで、

半永久的に触媒反応を起こし、その触媒反応が雑菌を分解し、臭いの元を抑えるという優れた作用らしいです。

何だか凄そうですよね。

 

要するに洗濯時に太陽にさらすようにすれば、除菌ができて、

なおかつイヤな臭いも付かないという衛生的なタオルなんです。

でも、そもそも直射日光に当てればそれだけで除菌できそうな気はするのですが。

きっとその効果が光触媒ということで著しいのかと思われます。

サイズは、120センチ×70センチ。素材は、ポリエステル80%、ナイロン20%です。

コチラの色はグリーンです。写真ですと鮮やかな印象ですが、手に取ってみるとパステルがかったやさしい色です。

生地厚は本当に薄くてバスタオルとしては物足りないような気もしてしまいますが、

吸水力・速乾性はバツグンなので、便利に使えそうです。

ただ、文字の刺繍はいらなかったですよね。(安っぽい感が漂います、もったいない。)

ですが、日常使うには重宝しそうなバスタオルには違いありません。

薄地軽量のバスタオルなので、これからのシーズンは、海や山のレジャーにも必需になりそうです。

特に海水浴やプールには、軽くて持ち運びもラクラク、荷物がかさまないので便利だと思います。

 



 

追記;

その後、何度かバスタオルを使用しましたが、

アースカラーのマイクロファイバー・バスタオルの使い心地がなかなか良いです。

どちらのバスタオルも薄地なのですが、生地のより薄い「光触媒+マイクロファイバー超吸水バスタオル」より、

「アースカラーのマイクロファイバー・バスタオル」のほうが多少は生地がしっかりしているので、

何となくいい感じです。色合いも落ち着いていて好みだし。

希望を言うなら、ブラックとかチャコールのようなカラーバリエーションがあると

また欲しくなるかなと思ったりしました。

ともかく、マイクロファイバー・バスタオルは今後もヘビーに使用していきたいと思います。


 

追記;

最近はもっぱらマイクロファイバー・バスタオルを朝晩で使用しています。

室内干しでもすぐに乾くので、洗濯しなくても1枚のタオルを繰り返し使えます。

もちろん、嫌な臭いは残りませんので、いつでも快適で衛生的。

洗濯の回数が減るので、言うことなし。

そんな感じで、かなり重宝しています。

 

ちなみに「光触媒+マイクロファイバー超吸水バスタオル」は、

数回の洗濯で生地が伸びてしまいます。

洗った後、こんなに横幅あったっけ?というくらい横に伸びてしまいました。

使う分には特に問題はないのですが、ちょっとびっくりでした。

ネットに入れるなど洗濯に注意が必要かもです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA