PR

最近の投稿

PR

洋ナシの最高峰、新潟産の「ルレクチェ」を入手してみた。

今回は「ル レクチェ」を買ってみました。

「ル レクチェ」とは洋ナシの1品種のこと。

 

栽培が難しく、また熟するまでに手間がかかるため、

その栽培数も少く、

「幻の洋梨」、「西洋梨の貴婦人」と言われていた貴重なフルーツだそうです。

 

現在では、原産地のフランスよりも日本の新潟県での栽培が有名で、

新潟の特産品となっているようです。

そんな洋梨の最高峰、新潟産の「ル レクチェ」。

気になるお味のほうは、きっと美味しいに違いありませんよね。

農園で「ル レクチェ」を収穫するときは、まだ果実の表面は緑色のまま。

ところが、それから20℃以下の低温で約40日間静かに保管することで、

表面は黄色へと変化。

果実は糖度が高まり、果肉もなめらかになるということです。

この保管期間を追熟といいます。

この追熟を経た状態で出荷され、手元に届くというワケです。

ただし、まだ食べごろではないんです。

さらに数日間保存することで、ますます美味しくなるんです。

というわけで「ル レクチェ」は、あせって食べてはいけないようです。

じっくり完熟させてから、一番美味しいときに食べるべきものなんです。

 

その食べごろの目安は、表面がパステルイエローからやまぶき色に変化した頃。

果実の付け根である、くびと言われる部分が茶色く変化してからで大丈夫とのこと。

そして、その頃にはフルーティーの香水のような、

甘くていい香りが漂ってくるのだとか。

ということで、今は食べるにはまだ少し早いみたいです。

あと何日か待ってから食べてみたいと思います。

 

ちなみに写真の「ル レクチェ」は重さがちょうど400gありました。

さらなる追熟によって重量も変化するんでしょうか。

わかりませんが、今後が楽しみです。

実はまだ、香りもそんなにはしないんですよね。

今年の「ル レクチェ」、食べるまでにはもう少しの辛抱が必要。

冷蔵庫に入れずに置いて、1週間くらいかかるかもしれません。

いずれにせよ、今からものすごく楽しみです。

 

新潟県産 ルレクチェ/83084[同梱・代引き不可]【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【日本のギフト】 /gift83084

価格:4,725円
(2013/12/24 02:57時点)

 

人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキングNo.1
人気ブログランキング

< P R >




 

 


 

追記;

およそ1週間が経ったので、「ル レクチェ」を食べてみることにしました。

口の部分がやや茶色っぽくなって、全体的にも熟したという色合いになっています。

セロハンの包みから取り出すと、ほんのりと甘い香りも漂います。

切ってみると、とってもみずみずしい果肉。

摘み取られてから日にちが経っているにも係わらず、

滴るような果汁にびっくりです。

お味はもちろんグッド!

なめらかな舌触りと、上品な甘さが絶品です。

さすが、貴婦人とまでたとえられるるフルーツだけのことはあります。

 

芯までやわらかいので、種の近くの実までほとんどが食べられる部分というのも驚き。

そんなワケで果肉が多く、1個でも充分食べ応えのあるフルーツなんです。

これはやっぱり、シーズン中に是非食べておかなくてはいけない果物ですよね。

洋梨の最高峰とまで言われるだけのことは、確かにある「ル レクチェ」。

そのまろやかなお味には、かなり満足のいくものでしたよ。

 

 

【送料無料】新潟県産洋梨 ルレクチェ 5玉~7玉 2キロ 家庭用【RCP】

価格:2,580円
(2013/12/31 02:33時点)
感想(123件)

 

< P R >


 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA