PR

最近の投稿

東京ソラマチで「バァーチャリンク」してきました。

東京ソラマチというか、東京スカイツリータウンの中にある

コニカミノルタのイベントスペースで行っている、

VRを使ったパフォーマンス、

「VirtuaLink(シンクロするVR)」に行ってきました。

 

実はたまたま通りすがりに立ち寄ってみただけなのですが、

今流行のVR(バーチャル・リアリティ)を用いたイベントということで、

思わず参加してみたワケです。

「VirtuaLink」は、プラネタリウムも運営している

コニカミノルタ社が手がけたイベントということなのですが、

どうも参加型のゲームということらしいです。

入場口でチケット(1,500円)を購入したあと、

スタート時間までしばらく待つことに。

 

時間になるとスタッフの方に促され、

いよいよ会場に入ります。

カプセル型の椅子にそれぞれが案内され、

スタンバイをします。

カプセルに座ると、

ヘッドフォンとヘルメット型のモニタが座席脇に置いてあります。

その2アイテムの使い方の手順を説明され、

装着が完了するといよいよVRが始まります。

 

モニタには宇宙船(ポッド)のシェルターの中。

映像はシャッターの降りた宇宙船の中ではあるものの

360度の全角度、視線が自由に見渡せるシーンが映し出されます。

画面の中には小さいキャラクターたちも出てきて、

ルール説明などがスタートします。

 

この時はこの後何が始まるんだろうかとワクワク。

否が応にも期待が高まります。

ゲームの内容は、

同じポッドに乗った2人が力を合わせてバリアを築き、

地球を隕石の衝突から守るというもの。

 

視線を向ける位置にバリアを張ることができるというものなのですが、

それが意外と難しかったです。

 

正直、慣れることなくあっという間に終了してしまったというのが本音ですかね。

いや~、こんなものなのでしょうか。

私自身はあまり楽しめなかった気もします。

こういうのに慣れていないせいですね。

 

しかしとにかく、珍しいイベントだったので、

良い経験になりました。

参加してみるのも話のネタに良いかもしれません。

 

※「コニカミノルタ VirtuaLink(バーチャリンク)」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売するVRシステム「PlayStation VR」を採用しており、参加者はVRヘッドセットを装着することで、まるで360度3D映像の中に入ったかのようなリアルな感覚と、ナビゲータースタッフの生解説によるライブ感溢れる体験を楽しめるというワクワクする新感覚の体験型イベントです。

 

公式サイト → VirtuaLink in Tokyo SkyTree Town

 

参照;公式サイトより抜粋

今回のコンテンツは宇宙空間を体験できる「ワンダーポット」。

「ワンダーポット」は、最大50人で同時プレイが可能な、協力プレイ型のVRサービス。

2人乗りの宇宙船(ポッド)に乗って、宇宙空間で起こるさまざまなミッションを協力しながらクリアしていきます。

「ワンダーポット」は、頭の向きで視線を動かすことによって操作ができます。

体験の最後には結果に応じた成績が表示されます。協力プレイで好成績を目指してください。

 


 

人気ブログを探す!
ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ王ランキング
ブログの殿堂 ブログランキング

< P R >



クロックス オンラインショップ

DHCオンラインショップ






 

とうげやまブログ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA